Archive | オーガニック

「オーガニック」と「戦後」

「オーガニック」と「戦後」。一見、何の関係もなさそうなこの二つには、実は関係が大ありです。

「日本を創った12人」(堺屋太一著、新書版は1997年発行)という本を読んでいたら、マッカーサーの章にこんな文章がありました。ちょっと長いけど引用します。

「安全の第二は<健康>である。戦後の行政と教育の中で健康には非常に力を注ぎ、害虫や寄生虫の駆除には努力をした。今は有機農法がよいともいわれているが、終戦直後には日本人の70パーセントには寄生虫が発生したので、有機農法ほど健康に悪いものはない、汚らしいものだ、と宣伝された。近代農業は、化学肥料と農薬によって行わなければいけない。そんな清潔感を全日本に植えつけたのである。これがマッカーサーに代表される占領軍の衛生感覚でもあった。占領軍自身が日本の野菜は汚いから食べない、という噂を流したこともある。」

「有機農法は健康に悪い」

「近代農業は、化学肥料と農薬によって行わなければいけない」

ええーッ、ですよね、今の私たちには。でもナチュラル指向、オーガニック指向が発生し、だんだんと主流になってきたのはわりと最近の話。それまでは、化学肥料OK、農薬OKの「ケミカル万歳」な時代が続いていた。そしてその幕開けは、日本では戦後でありマッカーサーだったというわけです。唐突に、まったく人為的に、「有機はダメ、化学肥料がよい」と価値観が変えられた。

DDT散布戦後、日本では頭にシラミがいる人が多かったので、GHQがDDTという駆除薬(殺虫剤ですね)を学校や人の集まる場所で人々の頭にふりかけたという話は知っている人も多いでしょう。当時は、合成薬剤の人体への悪影響が知られていなかったので、薬剤ふりかけが善であると、おそらくそう信じて行なわれたのだと思われます。そして同様に、化学肥料や農薬にしても、それが文明であり善であると信じられていたのでしょう。

(DDTは発癌性があるため世界規模で使用が禁止されましたが、その後、マラリア対策として例外的に製造や使用が認められています。)

化学肥料や農薬など、およそ合成と名のつくものにはたいてい、なんらかの問題点があることは、水俣病やカネミ油症などの公害病で多くの人が被害を受けたり、最近では遺伝子組み換えの問題が明らかになったりという、そうした経緯を経て、ようやく今、常識となりつつあります。70年かかっているのですね。かつて押し付けられた価値の180度の方向変換には。

ハニーガールオーガニクスの製品には、合成防腐剤、合成香料など、ケミカルな成分はいっさい入っていません。界面活性剤は石油由来も植物由来もまったく入っていません。

ちなみに、「ええーッ」というリアクションは、日本に住んだことのある外国人がマネをして面白がる表現です。